契約の変更をわかりやすく解説した!収益認識会計基準の基本を簡単に!

Pocket

契約は一度取り交わせば終わりではなく、「契約の変更」もあり得ます。今回は、収益認識に関する会計基準の理解に欠かせない「契約の変更」の基本的な考え方をわかりやくく簡単に解説しました。







契約の変更とは?

「契約の変更」をわかりやすくいうと?

契約で定めた「約束や義務の範囲」や「価格」を変更することです。

このうち「契約の範囲の変更」は、「これまでの契約では「〇〇をしてください」だけだったけど、「△△もしてください」」というイメージです。

ではなぜ、わざわざ「契約の変更」について会計処理のルールを定めているのでしょうか?

それは、契約の変更をどう考えるかで会計処理が変わってくるからです。

会計基準では2つの考え方を採用しているので、それぞれ解説していきますね。

元の契約とは別の新しい契約を取り交わした (考え方1)

契約を変更した結果、新しい「別個の約束」が増えたのなら、それは契約の変更というよりも「新しい契約を取り交わした」と考える方が適切ですよねって考え方です。

この場合は、元の契約と元の会計処理には影響させずに、変更後の契約(=新しい契約)についてあたらしく会計処理を検討していきます。

【関連記事】

別個と一連の財又はサービスを簡単に解説!収益認識会計基準の基本

元の契約に修正が入った (考え方2)

「新しい別個の約束」が増えなかったのなら、それは元の契約(=取り交わした約束)に変更が入ったと考えるのが適切ですという考え方です。

約束の内容自体が変わるので、原則論を貫くと、これまでの売上の会計処理に影響が出かねません。

でもそうすると、過去の決算がそのあとの年度の状況で「あれは間違いでした」となってしまい、かえって決算書の利用者を迷わせます。

そのため、契約の変更をした年度の決算書に「変更により動いた売上の金額」を取り込むこととし、過去の売上の金額は触らないことにしています。

【次の記事】

収益認識5つのステップの考え方の基本をわかりやすく簡単に







%d人のブロガーが「いいね」をつけました。