損金や益金の算入不算入のしくみ!法人税申告書をわかりやすく簡単に

スポンサーリンク
Pocket

法人税申告書で目にする「損金や益金の算入不算入」はむつかしいですが、申告書で所得の計算をするしくみを理解するのに欠かせません。そこで今回は、「損金や益金の算入・不算入のしくみ」をわかりやすく簡単に解説します。

損金や益金の算入不算入のしくみ!法人税申告書をわかりやすく簡単に

算入・不算入って何?

内田正剛
内田正剛
法人税の儲けの計算に入れることを「算入」、儲けの計算から除くことを「不算入」といいます

法人税も会計と同じく儲けの計算をします。

但し独自に計算をしているのではなく、会計の利益を使って調整計算をしています。

会計では収益・費用に入れてるけど、法人税は入れないよねみたいな項目を調整しています。

その調整の過程で、益金(=法人税版の収益)や損金(=法人税版の費用)に入れる調整計算をすることを算入といいます。

逆に、益金・損金から取り除く調整計算をすることを不算入といいます。

なぜこんな計算をするのかは、下記の法人税の儲けの計算の仕組みを読むと理解できますよ。

法人税の儲けの計算の仕組み

法人税でも儲けを計算しますが、会計の利益に調整を加えて儲けを計算します。

法人税の儲けのことを所得といい、益金から損金を引いて計算します。

益金は法人税版の収益、損金は法人税版の費用のことをいいます。

法人税は会計と考え方の違いがいくつかあるので、収益や費用を認めるタイミングが会計と違うことがあります。

会計が認めている収益・費用を今年は認めなかったり、逆に会計が過去に認めていた収益・費用を後の年度で認めたりすることがあります。

このうち、「今年は収益・費用に認めない」という処理を不算入といい、「過去に会計が認めていた収益・費用を今年に法人税でも認める」という処理を算入といいます。

ちなみに、算入・不算入の調整計算は以下のように行います。

収益の不算入

利益へマイナス

費用の不算入

利益へプラス

収益の算入

利益へプラス

費用の算入

利益へマイナス

算入をわかりやすく解説

会計の費用や収益に、法人税が追加で費用や収益を入れるという意味です。

法人税が費用・収益を認めるタイミングよりも前の年度で会計は費用・収益を認めているので、「追加で」という発想がでてきます。

不算入をわかりやすく解説

会計が認めている費用や収益を、法人税は一部認めないという意味です。

例えば会計の費用を認めないのなら利益へプラスの影響があるので加算、収益を認めないのなら利益へマイナスの影響があるので減算します。

インスタグラム

動画で使ったパワーポイントを、インスタグラムで公開しています。

この投稿をInstagramで見る

#法人税 #所得 #計算 #損金 #益金 #不算入 #法人税申告書 #作り方 #わかりやすく #簡単に

内田正剛@会計をわかりやすく簡単にさん(@uchida016)がシェアした投稿 –

Podcast

当ブログの内容をPodcastで解説しています。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。