収益認識の注記の監査法人との協議ポイントのわかりやすい解説を紹介

スポンサーリンク
Pocket

「収益認識の期末の注記を監査法人と協議しなきゃいけない!」「収益認識会計基準では有価証券報告書で何を注記するの?」悩ましいトピックが多いですよね。そこで今回は、「収益認識の注記の監査法人との協議ポイント」をわかりやすく簡単に解説した雑誌を紹介します。

収益認識の注記の監査法人との協議ポイントのわかりやすい解説を紹介

旬刊経理情報でわかりやすく解説

収益認識の期末の注記は、旬刊経理情報の3つの号(21年8月20&9月1日合併号・9月10日号・9月20日号)でシリーズ解説しています。

解説の名前は「収益認識基準の注記における監査人との協議ポイント」で、上・中・下の3部構成です。

旬刊経理情報を定期購読せずに入手する方法

旬刊経理情報は定期購読が原則ですが、バックナンバーを以下の3つの書店で入手することも可能です😀

  • 八重洲ブックセンター本店
  • 丸善丸の内本店
  • 紀伊國屋書店新宿本店

うちだも、バックナンバーを紀伊國屋書店さんに郵送して頂いたことがあります。

「定期購読はしないけど、3回シリーズの解説が載っている号だけ買いたい」という方は、ぜひ上記の書店に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

≫中央経済社さんのバックナンバーページ

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。