税効果会計一覧

税効果会計の会社分類判定のフローチャートをわかりやすく簡単に解説

「会社分類の判定はどうする?」 税効果会計の担当を任されたらまず気になるのは、やはり会社分類の判定ですよね。会計ルールを見ると、難しい文章がいろいろ目にとまります。そんなときは、全体像を押さえてから会計ルールを読むと、理解が進みます。そこで今回は、税効果会計の会社分類判定のフローチャートをわかりやすく簡単に解説します。

子会社の留保利益の税効果の考え方と仕訳をわかりやすく簡単に解説

「子会社の留保利益の税効果の意味を知りたい!」難しい会計ルールの代表格である税効果会計の中でも、「留保利益の税効果」はひときわ難解なイメージの強いトピックです。とはいえ、「会計と法人税の一時的な差」という一時差異のポイントを押さえれば難しくありません。そこで今回は、子会社の留保利益の税効果の考え方と仕訳をわかりやすく簡単に解説します。

【法定実効税率の計算】事業税率で割るのはなぜかわかりやすく簡単に解説

法定実効税率の計算式で「1+事業税率」が出てきますが、なぜ1+事業税率で合計税率を割る必要があるのか悩んでしまいますよね。答えは「損金になるから」ですが、スッキリ理解するにはポイントが2つあります。そこで今回は、法定実効税率の計算式で、1+事業税率で割る理由をかわかりやすく簡単に解説します。

【簡単】法人税等調整額の別表四での書き方をわかりやすく解説

「法人税等調整額って別表四で調整しなきゃいけないの?」「書き方が気になる」こんな悩みをお持ちの方向けのブログ記事です。法人税では税効果会計は使わないので、別表四の調整が必要になります。利益が増減しているからです。そこで今回は、法人税等調整額の別表四での書き方を解説します。

法定実効税率とは?計算式と具体例で税効果会計をわかりやすく解説

「法定実効税率の計算式が難しい」はじめて計算式を見たときは、何をしているか分からず困っちゃいましたよね。うちだも、計算式をはじめて見たときは、頭の中に「?」がたくさん出てきたことを覚えています。そこで税効果会計をわかりやすく解説するシリーズの今回は、法定実効税率とは何なのかを、計算式と具体例とともに解説します。

【基礎】圧縮記帳の積立金方式の仕訳をわかりやすく解説!税効果会計も

「圧縮記帳の積立金方式の仕訳が難しい」「積立金方式の税効果会計の仕訳を考えたら混乱しちゃう」たしかに難しいイメージが強いですよね。でも、理解のポイントは「法人税の儲けの計算の仕方を知る」だけで、至ってシンプルです。そこで、今回は「圧縮記帳の積立金方式の仕訳」を、税効果会計の解説と合わせて、図解を使いながらわかりやすく簡単に解説します。

繰延税金資産の分類と限度額の関係と変更の影響をわかりやすく解説

「繰延税金資産の分類を判定したら限度額はいくらなの?」回収可能性の会社分類を判定したら気になりますよね。限度額は5つの分類ごとにはっきり決まっているので、数値例を使ってまとめて覚えるのがベストです。そこで、税効果会計をわかりやすく解説するブログシリーズの今回は、繰延税金資産の分類と限度額の関係と変更の影響を解説します。

税効果会計と未払事業税や外形標準課税の関係をわかりやすく簡単に

税効果会計の繰延税金資産は将来減算一時差異をターゲットにしますが、未払事業税や外形標準課税はどうするのか悩みますよね。そこで税効果会計をわかりやすく解説するシリーズの今回は、税効果会計と未払事業税や外形標準課税の関係を図解でわかりやすく簡単に解説しました。

繰越欠損金の税効果会計の考え方と仕組みをわかりやすく図解で解説

「繰越欠損金の税効果会計の仕組みは?」「一時差異なの?」「回収可能性の考え方は?」「期限切れしたらどうなる?」どれも気になりますよね。そこで税効果会計をわかりやすく解説するシリーズの今回は、繰越欠損金の税効果会計の考え方と仕組みを図解でわかりやすく簡単に解説しました。

評価性引当と繰延税金資産の関係は?税効果会計をわかりやすく簡単に

税効果会計や繰延税金資産のトピックで「評価性引当(金額)」をよく耳にしますが、評価性引当金額とはどういう意味でしょうか?計算方法や仕訳、スケジューリング不能や繰越欠損金との関係も気になりますよね。今回は、「評価性引当金額」について、わかりやすく簡単に解説します。

繰延税金資産とは何かを解説した!税効果会計をわかりやすく簡単に!

税効果会計で最もよく目にする「繰延税金資産」は「税金の前払い」と説明されますが、「繰延税金資産とは税金の前払い?」って感じでイメージがつかみにくいですよね。今回は繰延税金資産を簡単に解説しましたので、これで税効果会計が簡単に理解できるようになりますよ。