rbenefit一覧

数理計算上の差異はなぜ税効果の仕訳が必要かをわかりやすく解説

「数理計算上の差異の税効果が難しくてわからない」確かに数理計算上の差異は、遅延認識とか即時認識とか難しい用語がたくさん出てきますよね。混乱しちゃった時は「会計と法人税の一時的な差」という視点で見ると、サクッと理解できちゃいますよ。そこで今回の退職給付のブログ記事は、「数理計算上の差異の税効果はなぜ発生するのか?」や、繰延税金資産の回収可能性・組替調整の税効果などのトピックをわかりやすく解説します。

【3分でわかる】数理計算上の差異の仕訳と原因をわかりやすく解説

数理計算上の差異は難しいので、どんな仕訳をするかわかりにくいですよね。でも、発生原因が理解できれば数理計算上の差異はサクッとわかります。そこで今回のブログでは、数理計算上の差異がなぜ発生するのか(=原因)や、プラス・マイナス(=借方・貸方)の時にどんな仕訳をするのか、そして未認識数理計算上の差異について、わかりやすく簡単に解説します。