遅延認識と即時認識をわかりやすく解説【退職給付会計を簡単に】

スポンサーリンク
Pocket

「遅延認識や即時認識って何?」「何がどう違うのかわからない」たしかに難しい用語なので、そもそも何をしているのかわかりにくいですよね。簡単にいうと、「数理計算上の差異」の処理のことですが、仕組みを知りたいところです。そこで、退職給付会計をわかりやすく簡単に解説するシリーズの今回は、遅延認識と即時認識にフォーカスします。

遅延認識と即時認識とは?退職給付会計をわかりやすく簡単に

記事の信頼性

このブログ記事を書いている内田正剛は、週刊経営財務でデータベースアクセス数1位を獲得しています。また、ブログとともに運営しているYouTubeチャンネルも好評を頂いていて、登録者4,000名を超えています。ご興味頂けましたら、プロフィールやYouTubeをご覧下さい😌

»プロフィール

»YouTubeチャンネル

当記事を読むメリット

遅延認識と即時認識の意味と理由が理解できるようになります。

記事の目次

今回のブログ記事で解説する主なトピックを紹介します。

遅延認識と即時認識の意味

「退職給付債務や年金資産の予測と実績の差の会計処理の話」

ズバリこれが答えです。

退職給付会計は、将来いくら払う見込みなのかなどを予測しながら会計処理をしています。

いわゆる「予測計算」というものです。

一方で、いずれ実績の金額が出てくるので、予測の金額とは差が発生することがあります。

これをすぐに決算へ反映させましょうというのが「即時認識」で、徐々に反映させましょうというのが「遅延認識」です。

目次へ戻る

数理計算上の差異

しかかり中です。

目次へ戻る

遅延認識と即時認識の理由

しかかり中です。

目次へ戻る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。