繰延税金資産の回収可能性の会社分類の全体像!税効果会計を簡単に

スポンサーリンク
Pocket

繰延税金資産は、どの会社分類かによって回収可能性の限度が決められています。そこで税効果会計をわかりやすく簡単に解説するシリーズでは、繰延税金資産の回収可能性の会社分類の全体像を、YouTube・インスタグラム・Podcastで、わかりやすく簡単に解説します。


繰延税金資産の回収可能性の会社分類の全体像!税効果会計をわかりやすく簡単に

会社分類とは?

会社分類は、繰延税金資産をいくら計上していいかを決めるランクのようなものです。

ランクが1に近づくほど、計上可能な繰延税金資産の範囲が広がります。

繰延税金資産は、「将来どの程度儲かるか?」が計上根拠ですが、未来のことは誰にもわかりません。

そこで、過去の実績や現状などをもとに、会社をいくつかのパターンに分けます。

これが、税効果会計の繰延税金資産の会社分類です。

会社分類の全体像

会社分類は、大きく分けると5つ、2つの例外を含めると合計7つあります。

分類1

分類1は、以下のブログで解説しています。

分類2

分類2は、以下のブログで解説しています。

分類3

分類3のブログ記事はこちらで書いています。

分類4とその例外

分類4のブログ記事はこちらで書いています。

なお例外規定は分類4に設けられていて、分類4→分類3になるものと、分類4→分類2になるものがあります。

分類5

分類5のブログ記事はこちらで書いています。

インスタグラム

当ブログ記事の解説YouTube動画のパワポを、インスタグラムで見ることができます。

この投稿をInstagramで見る

#繰延税金資産 #回収可能性 #わかりやすく #簡単に #税効果会計 #解説

内田正剛@会計をわかりやすく簡単にさん(@uchida016)がシェアした投稿 –

Podcast

当ブログ記事の解説YouTube動画の内容を、Podcastで聴くことができます。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。