繰延税金資産は税金の前払いって?税効果会計をわかりやすく簡単に!

Pocket

税効果会計を調べると「繰延税金資産は税金の前払い」って解説されていますが、どういうことでしょうか?そこで今回は、「繰延税金資産は税金の前払い」の意味についてわかりやすく簡単に解説しました。







繰延税金資産は税金の前払い?

繰延税金資産は税金の前払い

ポイントは費用を認めるタイミング

減損損失に代表されるように、会計の世界では「売る前でも」価値が落ちたと評価されたら、積極的に費用を認める傾向が顕著です。

いわゆる「見積り」がどんどん会計へ入ってきているのです。

一方の税法は、「うーん、費用はこれくらいかな?」のような見積りの費用はほぼ認められません。

「誰が見ても明らかに費用」と認められるタイミングになって、はじめて費用として認められます。

例えば、売ったタイミングです。

ズレはいずれ解消するから前払い

「費用を認めるタイミング」が違うだけなので、ズレはいずれ解消します。

つまり、税法が会計の費用を否認するのも一時的なものなので、「会計と税法のズレ」に着目するとこんな感じになります。

  • ズレが発生した時:税法の儲けが会計の儲けよりも多くなり、税金も多くなる
  • ズレが解消する時:税法の儲けが会計の儲けよりも少なくなり、税金も少なくなる

そのため、「ズレが発生したら」多くなった税金は「前払い」と説明されるのです。

税金の前払い

【次の記事】

繰延税金資産とは何かを解説した!税効果会計をわかりやすく簡単に!







%d人のブロガーが「いいね」をつけました。