法定実効税率とは?計算式と具体例で税効果会計をわかりやすく解説

スポンサーリンク
Pocket

「法定実効税率の計算式が難しい」はじめて計算式を見たときは、何をしているか分からず困っちゃいましたよね。うちだも、計算式をはじめて見たときは、頭の中に「?」がたくさん出てきたことを覚えています。そこで税効果会計をわかりやすく解説するシリーズの今回は、法定実効税率とは何なのかを、計算式と具体例とともに解説します。

法定実効税率とは?計算式と具体例で税効果会計をわかりやすく解説

記事の信頼性

このブログ記事の著者の内田正剛は、週刊経営財務でデータベースアクセス数1位を獲得しています。また、ブログと一緒に運営しているYouTubeチャンネルも好評で、登録者4,100名を超えています。ご興味頂けましたら、プロフィールやYouTubeをご覧下さい😌

»プロフィール

»YouTubeチャンネル

当記事を読むメリット

税効果会計で使う法定実効税率の計算が理解できるようになります。

記事の目次

今回のブログ記事で解説する主なトピックを紹介します。

法定実効税率とは

税効果とは

会計と法人税の間に、損益等を認める一時的なズレが発生したときに、税額へ与える影響のことをいいます。

例えば、費用1,000を法人税が損金として一時的に認めないときに、税率を30%とすると、300の税額が、(利益をベースに計算した税額よりも)一時的に多くなります。

これが税効果です。

法定実効税率とは

会計と法人税の損益等の一時的なズレが発生したことで、(一時的に)増えたり・減ったりした税金を計算するための税率です。

例えば、法人税が費用1,000を一時的に認めなかった場合を考えてみます(法定実効税率は30%と仮定)。

費用を認めるタイミングが会計と法人税でズレたことで、税額が300一時的に多くなります。

いま、サラッと「税率30%」と書きましたが、どこかの数字をサクッと転記するのではなく、計算しないといけません。

儲けに課税する税金は、法人税だけではないからです。

ここがポイントで、「儲けに課税する税金は複数ある」ということを覚えておいてください。

目次へ戻る

法定実効税率の計算式

まず計算式

法人税

儲け(=所得)に課税する税金の代表格です。

法人の規模に応じて異なりますが、資本金が1億円を超えていたら23.2%です。

とはいえ、法定実効税率を計算するときは、23.2%を使って計算します。

地方法人税

法人税と同じ申告書で計算される税金で、所得に課税されます。

税率は10.3%です。

住民税-標準税率

しかかり中です。

住民税-超過税率

しかかり中です。

事業税

しかかり中です。

特別法人事業税

しかかり中です。

目次へ戻る

法定実効税率の計算式で出てくる用語

しかかり中です。

目次へ戻る

法定実効税率で使う情報の探し方

しかかり中です。

目次へ戻る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。