繰延税金負債とは何かを簡単に解説!税効果会計をわかりやすく

Pocket

税効果会計では、繰延税金資産の他に「繰延税金負債」という用語もあり、「税金の後払い」といわれます。なかなかイメージがしにくいので、わかりやすく簡単に解説します。







繰延税金負債をわかりやすく簡単に解説

会計と税法のズレの1つ

会計と税法では、考え方の違いもあって費用を認めるタイミングなどにズレが発生します。

いつも会計の方が、費用を認めるのが早いというわけではありません。

例えば、圧縮積立金の場合です。

圧縮するタイミングで儲けを減らすために、税法は儲けを計算する過程で圧縮積立金認定損という費用を認めます。

会計は、圧縮積立金認定損を会計帳簿へは記録しないので、「会計と税法のズレ」になります。

そのズレは、最終的に減価償却計算が終了したタイミングや、圧縮した資産を売却・除却したタイミングで、解消します。

ズレが解消したときに税金が増える

ズレが発生した時点で、「税法の儲け」の方が「会計の儲け」よりも少なくなります。

儲けが少なくなると、税金の金額も少なくなります。

一方で、ズレが解消する時に会計は費用を認めますが、税法は先に費用処理しているので、税金の金額はむしろ会計よりも大きくなります。

こういった背景から、繰延税金負債は「税金の後払い」と言われるのです。

【次の記事】

繰延税金資産の会社分類を簡単に図解解説!税効果会計をわかりやすく







%d人のブロガーが「いいね」をつけました。