評価性引当と繰延税金資産の関係は?税効果会計をわかりやすく簡単に

Pocket

税効果会計や繰延税金資産のトピックで「評価性引当(金額)」をよく耳にしますが、どういう意味でしょうか?今回は、「評価性引当と繰延税金資産の関係」について、わかりやすく簡単に解説します。







評価性引当金額と繰延税金資産の関係

繰延税金資産のおさらい

会計と税法では、費用として処理を認めるタイミングにズレがあります。

おおむね税法の方が遅いので、税法での「儲け」を計算するときは、会計の費用を一旦否認します。

そのため、会計で想定した税金費用よりも税法で計算した税金の方が、一時的に多くなります。

ただし、「一時的」なので、ズレが解消するときには、会計が計算した税金費用よりも税法が計算した税金の方が金額が小さくなります。

結果としてイコールになるので、会計では「税金の前払い」と捉えるのです。

【関連記事】

繰延税金資産とは何かを解説した!税効果会計をわかりやすく簡単に!

評価性引当金額

例えば、計算上の繰延税金資産が50円だとして、将来払うと見込まれる税金が100円だったとします。

この場合は、「前払いした金額」以上の税金支払が見込まれるので、「50円は前払いです」と言えます。

一方で、将来払うと見込まれる税金が30円だったらどうでしょうか?

そもそも30円しか払う見込みがないのに、「50円は前払いです」というのはツジツマがありません。

「前払いは30円です」というのが論理的でしょう。

このような場合、「前払いと見込まれない」20円のことを、税効果会計用語で「評価性引当金額」といいます。

関係

つまり、繰延税金資産を理屈どおり計算した金額のうち、「前払いにならないと見込まれる」金額のことを評価性引当金額といいます。

ですから、繰延税金資産と評価性引当金額を相殺した残額が、「前払いになると見込まれる」金額という関係にあります。

【次の記事】

繰延税金資産の回収可能性とは?税効果会計をわかりやすく簡単に!







%d人のブロガーが「いいね」をつけました。