履行義務の充足を簡単に解説した!収益認識会計基準をわかりやすく!

Pocket

収益認識に関する会計基準の5つのステップの5つ目は「履行義務の充足」ですが、何やらむつかしい響きです。今回は、収益認識会計基準のステップ5「履行義務の充足」をわかりやすく解説し、「なんだ、簡単じゃん!」って気付いて頂きます!







履行義務の充足を簡単に解説!

履行義務の充足とは?

難しい専門用語が出てくるとイメージがつかみにくいですが要は、

「買主と交わした約束(義務)をそのとおりに果たしたこと」

という意味です。

売上の会計処理は、「約束を果たしたら、受け取った代金を売上として会計帳簿へ記録する」のです。

なので、「いつ、どのように約束を果たしたのか?」が重要になります。

収益認識会計基準では、この問いについて「2つのパターン」で整理しています。

特定のタイミング・時点で果たした (パターン1)

商品を買主へ引き渡した場合のように、約束を果たした時点が「〇〇です」と特定できる場合です。

この場合は、約束を果たしたタイミングで、「ステップ4で配分された取引価格」を売上を会計帳簿へ記録します。

特定の期間に果たした (パターン2)

1年間毎日提供する「清掃サービス」のように、同じ内容のサービスが提供され続けるケースです。

この場合は、「〇〇の時点で約束を果たした」と特定するのがむつかしく、「時間の経過に応じて徐々に果たされていった」と考える方が、実態をよく表しています。

そのためパターン2のケースでは、約束を果たしていく進捗度に応じて「ステップ4で配分された取引価格」を売上を会計帳簿へ記録していきます。

【次の記事】

取引価格の配分をわかりやすく簡単に解説!収益認識会計基準のきほん







%d人のブロガーが「いいね」をつけました。