出荷基準の通常の期間とは?収益認識会計をわかりやすく簡単に図解解説

スポンサーリンク
Pocket

「出荷基準の要件は何?」「出荷基準はなぜ認められる?」そんな方向けのブログ記事です。収益認識会計基準をわかりやすく簡単に解決するシリーズの今回は、出荷基準の通常の期間と要件をお伝えします。

出荷基準の通常の期間とは?収益認識会計をわかりやすく簡単に図解解説

はじめに

「出荷基準は、収益認識会計基準でも認められる?」

日本で広く採用されている出荷基準が、新しい会計基準でも認められるかは気になるところです。

結論はYesです。

但し、出荷基準は収益認識会計の原則「お客さんへの支配の移転」は満たしていません。

ですから、要件を満たした場合に、例外的に認められるルールという位置付けです。

例外的に認められているのは、出荷した時点で売上処理しても、お客さんへ支配が移転した時点(=例えば引渡時や検収時)で売上処理しても大差がないからです。

逆にいうと、出荷時と支配移転時に大きな差があって、大差があるのなら、出荷基準は認められません。

そこにフォーカスをしたのが、以下で解説する出荷基準が認められるための要件です。

要件


今回のブログはここまでにします。

収益認識会計のブログを書いていますので、読んでみて下さい。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。