収益認識会計基準の用語をわかりやすく解説!これだけで理解できる

Pocket

IFRS15号を元に作られた「収益認識に関する会計基準」は、理解するのがとても難しいですよね。今回は、会計基準や適用指針を理解するのに欠かせない用語を、わかりやすく解説します。







収益認識会計基準の用語

収益認識って何?

「売上を会計帳簿へ載せること」をいいます。

主な検討ポイントには、「いつ載せるのか?」「いくら載せるのか?」があるので、おって当ブログで解説してきますね。

契約を識別する

「対象は〇〇ですよ」と決めることを、「識別する」といいます。

収益認識に関していうと、ある売上をいつ・いくら会計帳簿へ載せるかを検討するときに、「対象になる契約は〇〇ですと特定すること」と考えればいいでしょう。

便益を享受する

近年の会計は、資産に「お金を稼ぐ能力」を求めています。

つまり、会計帳簿に「資産100円」と載っていたら、「少なくとも100円以上のお金を稼ぐ能力がある」と評価されていることを意味します。

この考え方をベースにして考えると、「便益を享受する」もイメージがしやすくなります。

つまり「便益を享受する」とは、「その資産を売ったり使ったりすることで、会社へお金がもたらされる」という意味になります。

別個

「他のものから独立したもの」という意味です。

収益認識にでは、「他の義務や約束とは別のもの」という意味で、用いられています。

イメージとしては、「他の約束を果たしていなくても、その約束さえ果たせば、買主からお金をもらえる単位の約束」のような感じです。

【次の記事】

収益認識5つのステップの考え方の基本をわかりやすく簡単に解説







%d人のブロガーが「いいね」をつけました。