office.uchida016.net一覧

税効果会計と未払事業税や外形標準課税の関係をわかりやすく簡単に

税効果会計の繰延税金資産は将来減算一時差異をターゲットにしますが、未払事業税や外形標準課税はどうするのか悩みますよね。そこで税効果会計をわかりやすく解説するシリーズの今回は、税効果会計と未払事業税や外形標準課税の関係を図解でわかりやすく簡単に解説しました。

繰越欠損金の税効果会計の考え方と仕組みをわかりやすく図解で解説

「繰越欠損金の税効果会計の仕組みは?」「一時差異なの?」「回収可能性の考え方は?」「期限切れしたらどうなる?」どれも気になりますよね。そこで税効果会計をわかりやすく解説するシリーズの今回は、繰越欠損金の税効果会計の考え方と仕組みを図解でわかりやすく簡単に解説しました。

別表5の1の書き方と意味をわかりやすく解説!法人税申告書を簡単に

「別表5-1の書き方がわからない」たしかに別表5の1は難しいイメージがあるので、書き方を知りたいですよね。でも、別表5-1の意味ややりたいことがわかれば、サクッとりかいできちゃいます。そこで、法人税申告書をわかりやすく解説するシリーズの今回は、別表5-1の書き方や意味を、未納法人税等や事業税の書き方や検算方法とともに解説します。

【必見】法人税の別表のつながりを理由付きでわかりやすく図解解説

「法人税の別表がどことつながっているのかわからない」そんな疑問の答えは、「つながりの理由を知る」ことにあります。逆につながりを丸暗記しても、理由がわからないと忘れてしまいます。そこで今回のブログ記事では、「法人税の別表のつながり」を、理由とともにわかりやすく解説します。

評価性引当と繰延税金資産の関係は?税効果会計をわかりやすく簡単に

税効果会計や繰延税金資産のトピックで「評価性引当(金額)」をよく耳にしますが、評価性引当金額とはどういう意味でしょうか?計算方法や仕訳、スケジューリング不能や繰越欠損金との関係も気になりますよね。今回は、「評価性引当金額」について、わかりやすく簡単に解説します。

【5分でわかる】変動対価の収益認識と具体例!見積もれないときの対応も解説

「変動対価の収益認識どうしたらいい?」「見積もれない」そんな時は「可能性が高くなるタイミング」を考えます。今回は、収益認識会計でも悩ましいトピックの「変動対価」について、収益認識のルールとともに、値引きやリベートなどの具体例や見積もれないときの対応をわかりやすく解説します。

繰延税金資産とは何かを解説した!税効果会計をわかりやすく簡単に!

税効果会計で最もよく目にする「繰延税金資産」は「税金の前払い」と説明されますが、「繰延税金資産とは税金の前払い?」って感じでイメージがつかみにくいですよね。今回は繰延税金資産を簡単に解説しましたので、これで税効果会計が簡単に理解できるようになりますよ。

顧客に支払われる対価をわかりやすく簡単に!収益認識会計基準のきほん

ステップ3の「取引価格」の計算で「顧客へ支払われる対価」が出てきますが、考え方をしっかり理解したいですよね。今回は、収益認識に関する会計基準を理解する上で欠かせない「取引価格」の「顧客へ支払われる対価」について、基本的な考え方を簡単にわかりやすく解説しました。

収益認識5つのステップの考え方の基本をわかりやすく簡単に【その2】

収益認識会計基準は、「5つのステップ」という考え方が根幹を成していて、ほぼ全てのルールは「5つのステップ」にそって整備されています。でも、翻訳調の条文が「とっつきにくいなー」と思わせます?今回は5つのステップを2回シリーズでわかりやすく簡単に解説します。これであなたも、「収益認識会計基準は俺に任せろ!」といえますよ!