office.uchida016.net一覧

未収還付法人税等の仕訳と別表4や5-1の書き方をわかりやすく簡単に解説

「未収還付法人税等ってどんな仕訳をするの?」「別表4や別表5-1ではどんな調整をするか知りたい」法人税では、納税充当金のように会計と違った考え方で調整することがあるので、確かに知りたいですよね。そこで法人税の申告書をわかりやすく解説するシリーズの今回は、未収還付法人税等の仕訳や別表4, 別表5-1の書き方を解説します。

数理計算上の差異はなぜ税効果の仕訳が必要かをわかりやすく解説

「数理計算上の差異の税効果が難しくてわからない」確かに数理計算上の差異は、遅延認識とか即時認識とか難しい用語がたくさん出てきますよね。混乱しちゃった時は「会計と法人税の一時的な差」という視点で見ると、サクッと理解できちゃいますよ。そこで今回の退職給付のブログ記事は、「数理計算上の差異の税効果はなぜ発生するのか?」や、繰延税金資産の回収可能性・組替調整の税効果などのトピックをわかりやすく解説します。

別表4の当期利益は税引前or税引き後かをわかりやすく簡単に解説

「別表4の一番上に書いてる当期利益って税引き前or後のどっち?」「別表4は税金を計算するための資料なのに税引き後ってどういう意味?」なんだか混乱しちゃいますよね。答えは「目的によって違う利益を使う」です。そこで今回は、法人税別表4の当期利益が、税引前or税引き後のどちらかを理由とともにわかりやすく簡単に解説します。

【3分でわかる】数理計算上の差異の仕訳と原因をわかりやすく解説

数理計算上の差異は難しいので、どんな仕訳をするかわかりにくいですよね。でも、発生原因が理解できれば数理計算上の差異はサクッとわかります。そこで今回のブログでは、数理計算上の差異がなぜ発生するのか(=原因)や、プラス・マイナス(=借方・貸方)の時にどんな仕訳をするのか、そして未認識数理計算上の差異について、わかりやすく簡単に解説します。

減損の兆候の営業活動から生ずる損益・営業利益をわかりやすく解説!

「減損の兆候で出てくる営業活動から生ずる損益・営業利益ってどんなルール?」担当することになったら、影響も大きいので知っておきたいですよね。そこで、減損会計を図解でわかりやすく簡単に解説するシリーズの今回は、減損の兆候の営業活動から生ずる損益・営業利益を解説します。

税効果会計と未払事業税や外形標準課税の関係をわかりやすく簡単に

税効果会計の繰延税金資産は将来減算一時差異をターゲットにしますが、未払事業税や外形標準課税はどうするのか悩みますよね。そこで税効果会計をわかりやすく解説するシリーズの今回は、税効果会計と未払事業税や外形標準課税の関係を図解でわかりやすく簡単に解説しました。

繰越欠損金の税効果会計の考え方と仕組みをわかりやすく図解で解説

「繰越欠損金の税効果会計の仕組みは?」「一時差異なの?」「回収可能性の考え方は?」「期限切れしたらどうなる?」どれも気になりますよね。そこで税効果会計をわかりやすく解説するシリーズの今回は、繰越欠損金の税効果会計の考え方と仕組みを図解でわかりやすく簡単に解説しました。

法人税確定申告書別表5(1)の書き方とは?見方を図解で簡単に解説!

「法人税確定申告書別表5-1の仕組みと書き方や見方をわかりやすく簡単に知りたい!」こんな方向けに、YouTube・インスタグラム・Podcastで図解を使って解説しました。「法人税確定申告書をわかりやすく簡単に解説」するシリーズの4回目は、「法人税確定申告書別表5(1)の書き方や見方」です。

【必見】法人税の別表のつながりを理由付きでわかりやすく図解解説

「法人税の別表がどことつながっているのかわからない」そんな疑問の答えは、「つながりの理由を知る」ことにあります。逆につながりを丸暗記しても、理由がわからないと忘れてしまいます。そこで今回のブログ記事では、「法人税の別表のつながり」を、理由とともにわかりやすく解説します。

評価性引当と繰延税金資産の関係は?税効果会計をわかりやすく簡単に

税効果会計や繰延税金資産のトピックで「評価性引当(金額)」をよく耳にしますが、評価性引当金額とはどういう意味でしょうか?計算方法や仕訳、スケジューリング不能や繰越欠損金との関係も気になりますよね。今回は、「評価性引当金額」について、わかりやすく簡単に解説します。